メッセージ

Think Globally, Act Locally
地域No.1のデジタルマーケティングをめざす。

 平素から弊社のデジタルマーケティングにおけるソリューションをご活用いただき誠にありがとうございます。

 弊社は(株)和歌山リビング新聞社とアライアンスし、地域密着型のデジタルビジネスに特化し様々なソリューションにお応えしています。「Think Globally, Act Locally」。グローバルに考え、ローカルでアクションする地域密着型の情報発信を通じて、ユーザーとマーケットをマッチングするデジタルマーケティングに取り組んでいます。デジタルマーケティングは非常に変化が激しくゴールのないビジネスです。メディア・コンテンツ・デバイスの変化と広告のあり方を機敏にそして柔軟に捉えて、地域№1のデジタルマーケティングを構築しています。

 「ロカルわかやま」を基盤に、ユーザーやマーケットのシーズや新しいニーズを吸い上げ、独自のサービスやコンテンツで、常に新しいプラットフォームを提供します。
 アナログとデジタルの主客転倒が目まぐるしくシフトする昨今、ユーザーの価値観が変化し、消費行動以外も含めて多様な行動をとるデジタルネイティブが増えています。徹底したユーザー第一主義をめざし、情報は発信から共有、そして「共感」、さらにユーザー間で醸成された情報が拡散され再び共有される。その「言葉でつながる共感の醸成」が共有拡散のサイクルをつくりだします。

 私たちが目指す未来は言葉でつくられます。まずは「考える」出発点のレベルを上げる。見たこともない風景には言葉が真っ先にたどりつくものです。言葉の限界は思考の限界。新しい言葉を使うことでビジョンが広がります。「見えるもの」ではなく「見たいもの」。個性的な組織は個性的な「言葉」をもっています。その個性的な「言葉」で新しいデジタルマーケットを創出しようと考えます。

 「みんながみんな驚くことしようよ!」が弊社の掛け声です。私たちの見たい未来は、私たちのビジョンがいつまでもいつまでも、次のビジョンを創り出すかぎり、常に新しいスタンダードを生み出し続けなければなりません。
明日また新しいことが始まる予感がします。

株式会社リビングリレーションズ
代表取締役社長    西田 弘

代表取締役社長 西田 弘

1956年7月21日生。 (株)和歌山リビング新聞社代表取締役社長・ソーシャルカルチャーネットワーク(株)代表取締役社長・一般財団法人リビングソーシャルプロジェクト代表理事。大人大学推進協議会会長・日本宇宙少年団和歌山分団長。