LINE広告

アプローチできるユーザー

インフラとしての公式アカウントは全世代へのアプローチが可能。タイムラインでの活用は若年層に偏る。
コミュニケーションインフラという背景により、利用属性としては若干女性の利用が多いが、コンテンツ消費という観点からは若年男性の利用も多い。

コンテンツ

アカウントのもたせ方や掲載面によって大きく変わるが、キャンペーン告知やクーポン配信など、実利的な情報発信に対して、ユーザーアクションが早いのが特徴。絵文字やビジュアルを多く使ったカジュアルなコミュニケーション+画像がメイン。「購買をしてほしい」「キャンペーンに参加してほしい」という直接的な内容でないと反応されにくい。

広告メニユー

ペイド要素が強いため、どこを広告としてとらえるか次第ではあるが、「枠」要素が強いため、ユーザーセグメントは弱い(すべて媒体の、みなし属性)。
ただし、強力なプッシュ機能、若年層へのリーチ率、店舗誘導効果など他のデジタル広告にはない要素が多くあるため、目的を絞れば効果的なメニュー設計が可能。